紀北町版DASH村「奥川ファーム」 中編

紀北町版DASH村「奥川ファーム」 中編

前編はこちら

―育てている野菜の種類はどれくらいありますか?

 多品目多品種栽培と言って、一つの品目でたくさんの種類の野菜を栽培しています。
 例えばじゃがいもだけでも7種類以上(アンデスレッド、シャドークイーン、ノーザンルビー、キタアカリ、男爵、メークィーン、西豊等)育てています。
 
 左からアンデスレッド、シャドークイーン、ノーザンルビー。同じじゃがいもでも全然違う見た目をしています。

―なぜひとつの品目でいろいろ作っているんですか?

 例えば1回の注文(奥川ファームでは野菜をセットで販売しています)でじゃがいもが大量に送られてくると嫌な気分にならないですか?同じじゃがいもでも赤や黒、普通のじゃがいもなどいろんなじゃがいもが送られてきたら嬉しくないですか?

 普段スーパー等で手に取る野菜は自分が知っている野菜です。
 こんな野菜もあるっていう面白み、どういう風に料理しようっていうわくわく感を持ってほしいと思っています。
 ですので一般のお客様にはセットとして野菜を注文していただいています。

 プロは料理に生える5色の野菜(青・黄・赤・白・黒)がほしいので、野菜を指定して注文していただいています。

―セットで送るときに意識していることはありますか?

 お客様には「季節」を感じてほしいと思っています。
 そのため紀北町の旬の食材を届けるようにしています。スーパーでじゃがいもを1年中買うことができますが、畑では1年中採れるわけではありません。
 同じ野菜でも収穫時期で味や形も少しずつ違うので、味や形の変化がわかるように若い時期のものを送ることもあります。

 奥川ファームのお客様は何度も注文してくれる人がほとんどです。Facebookなどに畑の状況を毎日投稿して見ていただいています。DASH村(日本テレビ系で放送されている鉄腕DASHの1コーナー)の延長戦のようなことをやっています。

―最近新たに挑戦しようとしている農産物はありますか?

 公民館講座でそば打ちを習っています。
 春そば、秋そばの生産も計画しており、そばの商品化をしようと思っています。
 初めての挑戦でわからないことも多いですが、農協や普及員の方に聞き勉強しながら育てています。

―卵について教えてください。

 卵は10時, 13時, 15時の3回収穫し、冷蔵庫に入れて保存しています。
 鶏は名古屋コーチン、烏骨鶏、岡崎オーハン、アローカナ、軍鶏の5種類を育てています。
 鶏の食べるものには気を使っており、玄米・野菜・魚を与えています。
 
 ほとんどの鶏は箱の中に卵を産むそうです。この日のインタビュー前に卵の収穫体験をさせていただきました。写真に写っているのはメスの鶏です。背中の羽が抜けているのは有精卵を産んでもらうために雄と同じ鶏舎で飼育しているからです。

 
 この烏骨鶏たちに癒されました。

奥川ファームの特産品はこちらでご覧いただけます。


紀北町版DASH村「奥川ファーム」 中編」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です